小児歯科 Pediatric Dentistry

小児歯科

小児歯科

お子さまの歯を守りましょう。

お子様の歯は溝が多いため虫歯の進行も早く、大人以上に注意が必要です。また、虫歯菌は感染するためご両親が虫歯の場合、食事の際にご自分が使用した箸やスプーンでそのままお子様に食事を与えていると知らないうちに感染させてしまいます。 生まれたばかりの赤ちゃんの口内には虫歯菌は存在せず、大半はご家族によってうつされているのが現状です。 これらを防ぐ事は実際には困難なため、さんま歯科ではご両親に「お子様の歯を虫歯から守る」ためのブラッシング方法や考え方を、一人ひとりにお伝えしています。 悲しい事ですが、子供は歯医者が大っきらいです。虫歯ができて治療するのではなく、定期検診による予防治療だけで虫歯を作らない事がお子様にとっては理想的なのです。

歯の溝を埋めて予防するシートラント

シートラント
水色の部分がシートラントで埋める箇所になります。溝を埋める事で、食べかすがたまりにくくなりますので、お手入れが簡単になります。

子どもを虫歯から守るには?

大人が正しい歯磨き方法を覚え、お子様の歯を磨いてあげる。 規則正しい食生活をおくれるようにする。 間食は時間を決めて与え、食べた後は歯を磨く。 菓子類は、なるべくキシリトールなどの代用糖が使われている物を選ぶ。 フッ素配合の歯磨き粉を毎日使用する。 虫歯になりやすい歯の溝を、シーラントなどで早い時期に埋める。 睡眠中は唾液の分泌が少なく酸性化しやすいので、寝る前に食べ物を与えない。 虫歯を作らないために、歯医者で定期検診を受ける。

定期検診で行う処置について

歯と歯茎の検査

歯と歯茎の検査

スケーリング

スケーリング

虫歯のチェック

虫歯のチェック

フッ素処置

フッ素処置

laptop call